ミロコマチコ×nicolas「まっくらやみのまっくろカフェ」

ミロコマチコ×nicolas「まっくらやみのまっくろカフェ」

期間:2017年12月12日(火)〜2018年1月12日(金)
場所:nicolas(世田谷区太子堂4-28-10鈴木ビル2F)
営業時間:16時〜24時
定休日:火曜日、第三水曜日
電話:03-6804-0425
オープニングイベント:2017年12月12日(火)「描く、食べる、踊る、まっくろ」

*展示を観るだけの方も歓迎致します。席に着かれる場合は、ワンオーダーをお願い致します。あらかじめ料理やデザートをご希望の方は、事前にnicolasへ席のご予約をお願い致します。臨時の営業時間の変更などは、nicolasのtwitterやblogをご確認ください。

ミロコマチコの絵本『まっくらやみのまっくろ』(小学館)を読んで、大げさかもしれませんが、生まれ直したような気持ちになりました。

まっくらやみのまっくろは、自分が何者かわかりません。でも体の奥から力がみなぎってくる。「ぎゅわーん」。いきなり角が生えてきた!「そうか、ぼくはサイなのか。すごく誇らしい気分だ。」しかしまだまだ変化は止まらない。

まっくらは、見えないだけで、そこには何かがある。
まっくろは、色々な色がごちゃ混ぜになって生まれた色なのかもしれない。

12月12日から1月12日まで、nicolasが「まっくらやみのまっくろカフェ」になります。
期間中、まっくろの料理やデザートなどがメニューに並びます。

普段、食べ物は食べると消えてしまっているようだけれど、実は見えない体の中を巡ってエネルギーになっている。まっくらには、命が蠢いている。

カフェのオープニングは、nicolasが用意したまっくろの食材を使って、ミロコマチコがまっくろを描き、でき上がったまっくろを皆で食べます。
描かれていくまっくろが自分の体内にもある。体内でも踊っている。

期間中、まっくろを育てていきます(勝手に育っていくだけかもしれませんし、もしかしたら育たないかもしれません)。
2017年と2018年では、何かしら変化があると思うので、まっくろの成長を見に、ぜひ何度かお越しください。

ミロコマチコのまっくろドローイングの展示もします。
絵本「まっくらやみのまっくろ」をご購入の方には、ミロコマチコが選んだ“種”をプレゼントします。

まっくらは怖いけれど、手を伸ばしてみると、いろんなエネルギーに満ちている。まっくろはいろんな色からできていて、いろんなまっくろがある。
まっくろは、何色にもなれる。何にでもなれる。
そのまっくろは、自分の中にもある。

オープニングイベント「描く、食べる、踊る、まっくろ」
日程:2017年12月12日(火)
開場:19時 開演:19時30分
料金:3900円(まっくろ料理、デザート、1ドリンク付き)
定員:18名さま
nicolasのまっくろ前菜とまっくろメインを食べたあと、nicolasが用意したまっくろ食材を使って、ミロコマチコがまっくろデザートを描き、皆でまっくろを食べます。

ご予約:下記メールアドレスに必要事項を明記しメールをお送りください。
ignition.gallery@gmail.com
件名「描く、食べる、踊る、まっくろ」

1.お名前(ふりがな)

2.当日のご連絡先

3.ご予約人数

*ご予約申し込みメール受信後、数日以内に受付確認のメールをお送り致します。
*メール受信設定などでドメイン指定をされている方は、ご確認をお願い致します。
*当日無断キャンセルの方にはキャンセル料を頂戴しております。定員に達し次第、受付終了いたします。

プロフィール:

ミロコマチコ

画家・絵本作家。1981年大阪府生まれ。2003年、京都精華大学人文学部人文学科卒業。2006年アートスクール梅田(現アートスクール大阪)絵本コース卒業。2005年より各地で個展を開催。2012年『オオカミがとぶひ』で絵本作家デビュー。以降、作・絵を手掛けた絵本は、4作連続して主要な絵本賞を受賞。近年はメルボルン、ヘルシンキ、イギリス等でも個展が開かれている。NHK Eテレ「コレナンデ商会」ではセットや歌の絵などを担当している。

企画:熊谷充紘(ignition gallery)

料理歳時記。

アアルトコーヒーの庄野さんが
Hemisphereのweb版をはじめました。
http://www.hemisphere.world/
庄野さんが定期的に出していた小冊子Hemisphere、そのweb版です。
これがどういうものか、
庄野さんのブログへのリンクを貼ろうかとも思いましたが、
まるっと転載します。以下。

『Hemisphere webはじめました。

表記の通りです。
こっそりはじめました。
世界を変えるためにはじめたHemisphere、より自由に、より依存しないものにするために
あえて、今頃、ブログという形ではじめることにしました。

スポンサーもなく、課金もなく、なんのしがらみもない場所であること。
そうでなければ出来ないこと、自身の奥をのぞき込むような場所。
そんな場所でありたいと思っています。
参加したい!って人がいましたらご連絡ください。
テーマもなく、締切もなく、たった一つだけを遵守していただきます。
それは、カッコいいということを忘れない、それだけです。
カッコわるいことはやっぱりカッコわるい、そう思えるようになりました。
何周もしてやっとスタート地点に立ちました。
どうなっていくか楽しみです。
たまに覗いてみてください。
庄野あいかわらず青臭いことやってんな~ってニヤリとすることになるでしょう。
それはもう、こっちに来てるってことなので。
そんなこんなで、よろしくお願いします。』

というのがHemisphere、のweb版です。
Hemisphereにも書かせていただいていましたが、
こちらにも書かせていただけることになりました。
nicolasの料理担当・曽根です。
よろしくおねがいします。

料理歳時記を書こうと思います。
中公文庫から出ている辰巳浜子さんの「料理歳時記」、
読んだことありますか。
とてもいいのでぜひ読んでみてください。
この料理歳時記の、2017年版を書こうと思います。
どのくらいの頻度になるかわかりませんが、
季節ごとに、食材のことを書いていこうと思います。
第1回は「蕗の薹」を書きました。
読んでみてください。

あと、2回目以降は、
ささきゆたかくんが挿絵イラストを描いてくださいます。
http://sasakiyutaka.com/
(1回目にも近々挿絵がつきます)
そちらもおたのしみに。

よろしくお願いします。

14gでnicolasの焼き菓子が買えます。

徳島の14g(アアルトコーヒー庄野さんのお店です)で、
nicolasの焼き菓子の販売をしていただけることになりました。
https://ja-jp.facebook.com/14g.jp/

不定期での販売になるかと思いますが、
お近くの方、ぜひお買い求めください。

今回の焼き菓子は2種類。
■バニラ・キプフェル(クッキー)
バニラの香りのお砂糖をまぶした、
ホロホロした生地のクッキーです。
(キプフェルは三日月の意味です。)

■ショコラーデ
チョコレート・シナモン・ナッツ・木苺の
スパイシーな焼き菓子です。

よろしくお願いいたします。

伊藤亜紗&難波創太『会話で食べる=会食』

http://ignitiongallery.tumblr.com/post/121064476727/at-nicolas

“「見えない」ことは欠陥ではなく、脳の内部に新しい扉が開かれること”
伊藤亜紗さんのご著書「目の見えない人は世界をどう見ているのか」(光文社新書)は、目の見えない人の「見方」に迫りながら、「見る」ことそのものを問い直します。
視覚抜きのバランスで世界を感じた時、見える人は見えない人に変身し、世界の意味が違ってくる。
この本を読んで特に興味を覚えたのが、「ソーシャル・ビュー」。作品をみんなで見ること、コミュニケーションを通して見る方法です。
今回の「会話で食べる=会食」は、この「ソーシャル・ビュー」を食に応用し、あらためて食べることの意味を体感することが目的です。
——
目の見える人が見えない人に、テーブルに並べられた料理について、見えているものと見えていないものを言葉で伝えてもらいます。「見えているもの」とは、大きさとか色とか食材とか、「見えていないもの」とは、印象や思い出した経験といった主観とか。
会場であり今回の料理を担当してもらうカフェ「nicolas」には、今回ちょっと変わった料理を作ってもらおうと思うので、目の見える人にとっても、言葉にして説明するのが難しいかもしれません。その時、目の見える見えないの関係が揺れ動き、お互いの会話によって食べること=会食を楽しむことができるのではと思います。
「視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ」にも関わられている全盲の難波創太さんをナビゲーターに、「目の見えない人は世界をどう見ているのか」の著者・伊藤亜紗さんをファシリテーターに、一つテーブルを囲んで晩餐を共に。

日時:2015年7月5日(日)
オープン18時30分 スタート19時 クローズ21時
会場:nicolas(東京都世田谷区太子堂4-28-10 鈴木ビル2F)
料金:3200円(nicolasの前菜+メイン+デザート+1ドリンク付き)
ファシリテーター:伊藤亜紗
ナビゲーター:難波創太
定員:先着16名さま(見える人・見えない人にかかわらず募集致します)

*定員に達したため、以降キャンセル待ちの受付となります!

予約:ignition.gallery@gmail.com
件名を「会話で食べる=会食」として、
1. お名前(ふりがな)
2. 当日のご連絡先
3. ご予約人数
4. 視覚障害の有無
を明記の上、メールをお送りください。
*メールの受信設定をご確認ください。
*当日無断キャンセルの方にはキャンセル料を頂戴致します。

プロフィール:
伊藤亜紗(いとう・あさ)
1979年生。美学者。専門は身体論、現代アート。東京工業大学准教授。障害のある人といっしょにアートや身体について考える活動をするかたわら、作品の制作にもたずさわっている。

難波創太(なんば・そうた)
1968年生まれ。1995年武蔵野美術大学工芸工業デザイン科卒業。3DCGデザイナーとしてゲーム・映像制作の仕事に関わる。2007年バイク事故で失明、全盲となる。現在、三軒茶屋で鍼灸・指圧・薬膳の店を営む傍ら、視覚を使わないスポーツやアートイベント、ワークショップなどで幅広く活動している。

企画:熊谷充紘(ignition gallery)

旅するチーズ教室。

8月は暑いのでお休みだったチーズ教室ですが、9月から再開します。
nicolasの営業時間の変更に伴い、チーズ教室も13:00~となります。
9月の教室は『旅するチーズ教室~ハードタイプ②~』。

詳しくはこちら

「チーズって、ちょっと敷居が高いかも。」なんて思っている方も、
ハードタイプのチーズだと、とてもとっつきやすいと思います。
いちどぜひ参加してみてください。

ジャンゴ 繋がれざる者。

クエンティン・タランティーノ監督「ジャンゴ 繋がれざる者」を観る。カフェの人にとっては「ジャンゴ」っていうと、やっぱりラインハルトになってしまう。仕方がない。

それは置いといて。改めて、レオナルド・ディカプリオという役者の凄さを思い知らされた。「ギルバート・グレイプ」を観て、「この人すごい!天才!」と思ったときと同じぐらい、今回のディカプリオは衝撃だった。「レオン」のゲイリー・オールドマン的なキレっぷり。「おお、あのヒョウロクダマみたいなロミオを演じた青年がこんなにキレキレの役者になって…」というような感慨。可愛かった神木くんが「桐島」でグミチョコのような前田を演じたときのような感慨。天才は何度でも輝くのだなあ。

パンフレットの町山智浩さんの解説を(加えて、町山さんのブログでの『國民の創生』論も)読むと、テーマの重さがよくわかる。奴隷制は日本人にとってリアリティーのあるテーマではないのだろうけど、目を背けている自国の黒歴史を見つめることが必要、という点は日本も同じ。これを語れるような知識を僕は持ち合わせていないので、それについては何も言えない。ただ、それを見せよう、教えようと奮闘してくれている作家さんや映画監督にはとても感謝している。

パンフレットのインタビューでキング・シュルツ役のクリストフ・ヴァルツが「クエンティンは自分が語りたいストーリーを語るためにジャンルを選び、そのジャンルが持つ要素をすべて使ううちに、そのジャンルではこれまでになかったようなレベルの高いことを達成してみせる」と言っている。更にそのジャンルのこと(=西部劇)を、ラジオの解説で町山さんが「あまりエラく思われていないもの」と言っている。この、「あまりエラく思われていないジャンルを用いて、何か本質的なものを表現する」という手法は、あれだ、「魔法少女まどか☆マギカ」だ。西部劇も、魔法少女モノも、あきらかに「あまりエラく思われていないもの」だ。

世の中で、「飲食業」というものは、まあきっとこの「あまりエラく思われていないもの」に含まれると思う。その飲食業の中でも更に、「カフェ」というものは、言うならば「もっともエラく思われていないもの」と言っても過言ではないのではないかと思う。映画界での西部劇、アニメ界での魔法少女、飲食界でのカフェ。そもそも日本のカフェ文化は、とってもマカロニ・ウェスタン(イタリア人が撮ったアメリカ西部劇)的なもの。この立ち位置、嫌いじゃない、むしろ好きだ。
ならば、カフェが持つ要素をすべて使ううちに、このジャンルではこれまでになかったようなレベルの高いことを達成してみせる、っていうのを、いつの日にかやってみたいとも思う。

タランティーノのように。

チーズ教室のおしらせ。

あけましておめでとうございます(だいぶ遅いですが)。
本年もnicolasをよろしくお願い致します。

さて、今週末は、今年最初のチーズ教室です。
詳しくはこちら。
http://cheese-labo.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-84c4.html

1月はいろいろな白カビチーズを食べ比べ、とのことです。
まだ定員に若干余裕があるようですので、興味のある方はぜひ、チーズラボさんのウェブサイトからお申込みください。

クリスマスケーキ。

nicolas、今年もクリスマスケーキやります。

外はピスタチオとフランボワーズのジョコンド、
中はマスカルポーネチーズを使った苺のショートケーキ、
上にはキャラメリゼしたシュー。
昨年と同様のクリスマスケーキです。

9cm ¥2000
12cm ¥2800
の2サイズです。

加えて、今年はもう一種類、ブッシュ・ド・ノエルもあります。
紅茶のシフォンとキャラメルミルクチョコレートのロールケーキ。
まわりにはヘーゼルナッツ、ピーカンナッツ、ピスタチオ、カカオニブを敷き詰めた、
そんなブッシュ・ド・ノエルです。

ブッシュ・ド・ノエル ¥2500

12/1(土)より、ご予約を承ります。
申し訳ありませんが、お渡し日は限定させていただき、
12/22(土)、23(日)、24(月・祝)、25(火)
の4日間となります。
それほどたくさんはご用意ができません。申し訳ありませんが、売り切れの場合はご容赦下さい。

ご予約、お待ちしております。

※クリスマスケーキは受付を終了させていただきました。
ご予約ありがとうございました。

チーズラボ6周年記念パーティ。

毎月、nicolasでチーズ教室をされているチーズラボさん。10月は、教室のかわりに6周年記念パーティが開催されます。
詳細はこちら
6周年、おめでとうございます。

北海道から沖縄(!)まで、日本全国のチーズを20種類に、日本のワインを合わせたパーティとのことです。
定員も限られていますので、お早目にチーズラボさんまで。

そのため、
10/28(日)は、
ランチ営業はお休みさせていただき、
16:00~
の営業とさせていただきます。

申し訳ありませんが宜しくお願い致します。

とっておき。

「コンプリートしたくない気持ち」がある。

なにか好きなものができると、
「これにまつわる全てをコンプリートしたい!」
と思うのが、わりと普通だと思うのだけど、その「コンプリート欲」を満たしたくない気持ちがある。
好きな作家の本だとか、好きなミュージシャンの音源だとか。

この気持ちを強く意識するようになったのは、中島らもさんが亡くなってから。
「ああ、もう、らもさんの新刊は読めないんだ」と思ったときから、まだ読んでないらもさんの本を、とっておきたいと思うようになった。

そもそも、別の誰かを「コンプリート」できるだなんて思ってるなら、それはとても傲慢なことだとも思うし。自分の記憶や体験すらコンプリートなんてできないよ。

僕がいつか病の床に伏して、明日には死にますってなったときでも、そのときに、とっておきの中島らもさんの「新刊」を読んで、新しい何かを発見して一喜一憂したい。自分の人生を見つめなおして、安堵したり、あるいは絶望したりして死んでいきたい。

そして、最後の晩餐の最後の一皿は、とびきりおいしいデザートを食べて死んでいきたい。僕が人生の最後に口にするものは「甘いもの」だって決まっている。
デザート食べずに最後の晩餐が終われるわけがない。

「ああ、死にそうだ。はやくデザートを持ってきてちょうだい!」
って。